人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディの海外サイトの危険性とは?

チャットレディの海外サイトは危険?

悩む女性

チャットレディの仕事では、国内・海外問わず、さまざまな出演サイトがあります。
出演サイトが幅広くある中で、「海外サイトは危険」と、インターネット上の記事に書かれていることは、少くありません。

では、なぜ、海外サイトは危険と言われているのか、理由はご存知でしょうか?

今回は、その理由をひとつずつ紐解き、チャットレディの海外サイトにまつわる、噂の真偽を解明してみようと思います。

加えて、チャットレディとして、より安全に働くための、正しい情報の見つけ方についてもご紹介。
噂に過剰に反応することなく、自分で正しく判断できるようにするための、参考にしてみてください。

チャットレディ海外サイトの噂の真偽とは?

チャットレディの仕事には、海外サイトと国内サイトの違いに関して、さまざまな噂があります。
中には、きちんとした裏付けがない噂も、少なくありません。

噂の真偽を確かめるために、海外サイトは危険だと言われる主な理由について、詳しく解説していきます。

国内サイトより海外サイトは盗撮されやすい?

チャットレディは、国内サイトよりも海外サイトの方が、盗撮被害が多いと書いている情報サイトは、少なくありません。
こう書かれる理由としては、国内サイトのサイトとしての盗撮対策が、海外サイトより良いと、言われているからです。

国内サイトが良いと言われている、主な盗撮対策は、チャットの映像部分に、ライブチャットサイトのロゴが入るというものになります。
ロゴが入ると、流出した際に使用したサイトが分かるため、犯人特定が容易になってしまうことから、盗撮が抑制されるという画策です。

しかし、サイトのロゴが入ったとしても、盗撮自体を抑制する効果は、あまりないと言えます。
なぜなら、盗撮をする人の大半は、流出を目的としてしていないからです。

盗撮は、個人的に何度も見返したいと思ってする人が多く、個人利用であれば、ロゴは入っても問題がありません。
また、トリミング機能を使えば、ロゴの部分だけ切り取ることだってできます。

そのため、国内・海外のどちらのサイトであっても、盗撮の横行度合いは、大差ありません

使用するサイトによって、盗撮は絶対に大丈夫ということはないのです。

海外サイトを使うと個人情報が流出する?

チャットレディが海外サイトを使うと、個人情報が流出するという話も、まれにあります。

しかし、近年の個人情報の扱いについては、日本だけでなく多くの国で、法改正や高額な罰金の設定が、されるようになりました。
そのため、海外サイトであっても、個人情報の扱いは、かなり慎重になっているのです。

個人情報の流出が心配な場合、最も効果的な対策は、プロフィールや写真に最新の注意を払うことになります。
ハンドルネームには、本名を連想させないような名前を使ったり、住んでいるところがわからないように、写真の背景に注意したり。

国内サイト・海外サイト問わず、個人で対策することが、個人情報流出の防止には、重要です。

海外サイトを使うと逮捕されやすい?

海外サイトを利用するチャットレディの方が、逮捕されやすいという情報が、インターネット上では、見受けられます。

これは、「海外サイトで適用される法律や規制は、国内サイトとは違う」という、誤った情報を信じてしまい、過度なアダルト行為に及んでしまった結果によるものです。

現在は、どのチャットレディサイトであっても、日本から配信しているものであれば、日本の法律が適用されます。
在宅チャットレディが、海外のライブチャットサイトを利用していても、同様です。

悪徳な代理店やサイトの中には、日本の法律が適用されると知っていながら、お金のために、女性に嘘を教えることも。
「海外のサイトだから、日本の法律は適用されない」と言って、過度なアダルトを強要するという事態も、少なくありません。

また、男性会員が勘違いをしていたり、自分だけの特別な対応を求めて、言ってくることもあります。
そんな時は、男性会員に「海外サイトでも、日本で違法になることはできないの。ごめんね」というように、断りましょう。

高収入のために、より高度なパフォーマンスをしたい場合は、ワークビザをとって留学したり、永住権を取得し、在宅で仕事をするという方法があります。
その上で、チャットレディを海外サイトに新規登録して仕事をすれば、適用される法律や規制が、変えられるでしょう。

海外サイトでもチャットレディの危険性は変わらない

チャットレディの仕事において、「海外サイトは危険」「国内会社のサイトだから大丈夫」ということはありません。
大切なのは、どこのサイトを使うにしても、自分で自分の身を守れる正しい知識をつけて、対策をすることです。

対策をしていなければ、国内サイトを使っている人であっても、盗撮・流出の被害にあったり、捕まる可能性は、大いにあります。
加えて、国内サイトは、国内会社捜索の対象になりやすく、常に警察から監視されていることが多いです。

法律に違反するような事があれば、ライブチャットサイトは、わいせつ中継ほう助容疑を掛けられることになります。
そのため、優良なライブチャットサイトであれば、チャットレディに正しい情報を提供してくれるので、そういったサイトを利用するようにしましょう。

チャットレディの海外サイトは高単価|利用者の中には海外在住者も

チャットレディの国内サイト・海外サイトの違いの中には、海外サイトの方が、報酬が高単価・高時給という利点があります。

国内サイトの利用者は、日本人の男性が、ほとんどです。
対して、海外サイトは、外国人の男性会員も利用しているため、利用者数が多いという特徴があります。

男性の利用者数が多いと、求められる女性のニーズも増加。
ライブチャットサイトとしては、豊富なニーズに答えられるよう、チャットレディの人数を確保しておきたいため、報酬単価は高額になります。

チャットレディからすると、パーティチャットの男性会員の人数も増えるため、高額報酬を得ることが可能です。

チャットレディが海外サイトを安全に使うために

チャットレディが、海外サイトを安全に使うためには、正しい知識が必要です。
適用される法律や規制事項についての、確かな情報を収集する能力を身につけることで、長く安全に、チャットの仕事が、できるようになります。

方法としては、正しい情報・ルールを教えてくれる、優良なチャットレディ代理店に、一度は所属しておくことがおすすめです。

個人でライブチャットサイトに登録して、チャットレディの仕事をするのであれば、情報収集の手段が、インターネットのみになりがちです。

法律や規制の変更があれば、ライブチャットサイトが、お知らせをしてくれることは、あります。
しかし、チャットレディの仕事を始めてすぐの頃であれば、情報の内容が理解しにくく、重要な情報を見落とす可能性もあるでしょう。

さらに、書き手が分からない、インターネットの情報だけでは、情報自体の信用性が低いことが、少なくありません。
インターネットのあいまいな情報によって、盗撮や流出・逮捕などの危険にさらされてしまうのであれば、その業界の人に、正しい情報を教わった方が賢明です。

特に、初めてチャットレディの仕事をする人であれば、最初に得た情報は、チャットレディとしての今後を大きく左右しかねません。
そのため、どんな疑問に対しても、笑顔で誠実に回答してくれる代理店を選ぶようにしましょう。


PAGE TOP