人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディを襲う盗撮リスクとは?対策して安全にお仕事!

チャットレディを襲う盗撮リスクとは?対策して安全にお仕事!

策して安全にお仕事!

チャットレディの仕事に興味があるものの、仕事をする上でのリスクについて、気になっている人もいるのではないでしょうか。
リスクとしてあげられるものの中には、盗撮があります。
盗撮は動画・画像の流出、さらには、身バレにつながる恐れがあるため、十分な対策が必要です。

そこで今回は、どうやって盗撮の対策をしたら良いのか、詳しく解説します。
チャットレディとして働くことを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.チャットレディの盗撮リスクとは?

チャットレディは、動画・画像の両方で、盗撮される可能性があります。

チャットレディの盗撮に関して、多くのチャットレディ情報サイトの記事では、動画を録画する行為を「キャプチャ」。
画像を保存することを「スクリーンショット(スクショ)」と表現して、区別しています。

チャットレディの仕事は、インターネットを通しているため、盗撮されたとしても、実態がつかみにくいです。
知らないうちに盗撮されていたということが、少なくありません。

盗撮のリスクは、この「自分では把握できない」点にあります。
自分で把握できないので、盗撮された際の対処ができないのです。

また、盗撮に関して、ライブチャットの公式サイトの利用規約では、『著作権・肖像権等の法律に違反する行為は禁止』とされています。
しかし、法律上は個人的や家庭内といった、限られた範囲内での私的使用なら問題ないとされているため、盗撮しただけでは違法行為に該当しません。

盗撮が完全に禁止されていないので、スクショされる可能性が常にあることを頭に入れ、対策しておくことが重要なのです。

チャットレディの盗撮に潜む流出の危険性

チャットレディのキャプチャ・スクショは、個人利用なら問題ないとされていますが、動画投稿サイト・掲示板などに流出する危険性が潜んでいます。
悪質なケースでは、パッケージ化して販売されてしまうことも。
もちろん、私的使用の範囲を超えているため、違法行為です。
ですが、わずかな時間流出しただけでも、チャットレディの被害は少なくないでしょう。

流出してしまった場合、知り合いの目に止まりやすくなってしまうことから、身バレの可能性が高まります。
また、「チャットでお金を使わなくても、いつでも見れる」と思われてしまうと、チャットの収益が低下する恐れも。

しかし、ライブチャットでは、悪意があってキャプチャ・スクショする人は少ないです。
もしキャプチャやスクショをしたとしても、「思い出を残したい」「会えたのが嬉しくて」といった、記念としての意味合いがほとんどになります。
男性会員さんの大半は、ライブチャットを遊びとして、素直に楽しんでいる方ばかりです。

安全にチャットレディをするには、数少ない悪質な男性会員さんを見極める力が必要になってきます。

「国内サイトなら安全」って本当?

チャットレディのリスクについて調べてみると、インターネット上では「国内サイトの方が盗撮されない」という情報が、散見されます。
確かに、国内サイトの方が、ライブ動画の画面にサイトのロゴマークを入れるといった、サイト側での対策がさまざまです。

しかし、実際は国内サイト・海外サイトどちらであっても、盗撮されるリスクの大きさは、ほぼ変わらないと言えるでしょう。
なぜなら、キャプチャ用の機材を使ったり、外部機器を用いて盗撮をしたりと、サイトが行っている対策に対処する方法が容易だからです。

そのため、どのサイトに登録したとしても、自分で注意しておく必要は、必ず出てきます。
むしろ、自分で対策した方が、確実に防止できるので、安心して仕事ができるようになるでしょう。

2.チャットレディを盗撮する手段とは?

チャットレディを盗撮する手段は、主に2通りあります。
盗撮の対策を考えるためであったり、盗撮された時に気づけるようにするためにも、手段を知っておくことは有効です。

それぞれの方法について、どのように盗撮するのか、詳しく解説します。

パソコン・スマホの機能を使って

元々からパソコン・スマホにある、キャプチャ・スクショ機能を使った方法です。
パソコンで言えば「プリントスクリーン」、スマホなら「スクショ」「画面収録」と呼ばれる機能になります。
最初から備わっている機能なので、手軽にできてしまいますが、チャット中の音や会話の間に注意しておくと、対策可能です。

パソコンのキーボード操作をする音や、スマホを持ち替えるような素振りがあれば、警戒しておくと良いでしょう。

外部機器を使って

チャットを行っている、パソコン・スマホの画面をカメラを使って撮る、または、キャプチャができる外部機器を接続して保存する方法です。

この場合、双方向チャットという、お互いの顔が見れるチャット方法にしておくと、相手が外部機器を使っているかが確認できます。
カメラや機材の起動音にも、注意を凝らしておくといいでしょう。

3.チャットレディがキャプチャ・スクショされるのを防止する方法

チャットレディをする際、常に相手の男性会員に注意を払うことは重要です。

しかし、キャバクラや風俗とは違い、お客さんを見ながら接客できないので、どうしても会話や音に注意を注ぐことになります。
ただし、機材の操作音を判断基準にした場合、盗撮された後に気づくことに。

そのため、ここからは、盗撮を前もって防止する方法について、詳しく紹介します。

男性会員さんの名前を頻繁に呼ぶ

男性会員さんの名前を呼ぶことは、動画キャプチャーされた際の、流出対策に効果的です。
名前が呼ばれることによって、犯人を特定される可能性が高くなるので、流出・販売などの目的でキャプチャーしようとする人を寄せ付けません。

また、普通にチャットを楽しみに来ている男性会員さんからすると、名前を呼ばれる行為は嬉しく感じるもの。
盗撮対策と売上アップが同時にできるので、一石二鳥の対策方法と言えます。

細かいポーズ指定に注意

細かいポーズ指定は、キャプチャ・スクショされる時に多いです。
手の位置であったり、顔を傾ける角度であったり。
記録を残しておくなら、自分が一番好きなポーズの時が良いと思う心理から、細かい指定が増えるようです。

「こんなポーズをして欲しい」と言われた後、急に会話が途切れたり、明らかに怪しい間があれば、盗撮しようとしている可能性があります。
そんな時は、自然を装って、すぐに体勢を変えて、盗撮を防止しましょう。

アダルトチャットは露出するタイミングが重要

チャットレディには、ノンアダルトとアダルトの2つのジャンルがあります。
もし、アダルトチャットを行う場合、盗撮を防止するためには、露出するタイミングが重要です。

ライブチャットのサイトによっては、男性会員が無料でチャットできるパートがあります。
盗撮対策としては、無料でチャットできる状態の時は、露出するべきではありません。

なぜなら、盗撮して何度も個人的に利用したり、販売しようとする人は、ライブチャットでお金を使いたいと思っていないからです。
セクシーな動画や、エロ画像を取得することを目的としているため、常連になってくれることはほとんどありません。

反対に、純粋にライブチャットという遊びを楽しんでいる人は、無料パートで露出がなくても、チャットレディとの会話を楽しんでいます。
自分にお金を使いたいと、本当に思ってくれる人とチャットをした方が、盗撮する人を寄せ付けずに済むのです。

顔出しをしない

悪意があって流出する人は、顔が映っていることを重視する傾向があります。
「チャットレディは、顔を出したほうが売れる」と言われているように、女性の顔を重視する男性は、少なくないです。

自分の顔を売りにしていて、顔出ししてしっかり稼ぎたい場合には、二人きりでチャットができる、『2ショットチャット』の機能を活用するといいでしょう。
一対一なので、一度に多くの人に顔を晒さずに済みますし、相手の動きに注意を注いでいられます。

加えて、もしも動画・画像が流出してしまったとしても、顔がわからなければ、身バレすることはほぼありません。
盗撮で最も心配される、身バレのリスクを最も減らせる対策方法とも言えます。

男性会員さんと信頼関係を築く

チャットレディが盗撮を防止するには、男性会員さんと信頼関係を築くようにすることも、効果的です。
信頼し合える関係の中で言えば、相手の嫌がる行為は、相手を裏切ることになると言っても過言ではありません。

そのため、盗撮しようしても、後ろめたく感じるようになるので、行動を抑制してくれます。
信頼し合える深い関係を築くことは、売上げアップにも効果的です。

まとめ

チャットレディの仕事は、男性と対面しない安全な仕事ですが、盗撮されるリスクにおいては、全く無いとは言い切れません。
しかし、自分のチャットの仕方次第で、盗撮を防止できます。

「どんな時に、盗撮される可能性が高まるのか」
「どうしたら、盗撮を抑制して、売上につなげられるか」

自分次第で、リスクを最小限に抑え、収入を最大限にすることができるのは、チャットレディの仕事の面白いところでもあります。
チャットレディとして安心して稼いでいくためには、事前に対策をして、リスク管理しておくことが大切です。

盗撮について、男性会員さんとトラブルになった時、どう対処したらいいかをサイトや所属事務所と確認しておくと、より一層安心して仕事ができるでしょう。
気になった方は、各公式サイトに電話で問い合わせてみると良いと思います。


PAGE TOP