人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディが住民税対策でバレを防ぐ方法を徹底解説

チャットレディの住民税問題!収入は20万円以下にする必要が?

チャットレディの住民税問題

チャットレディの仕事をしていることを本業の会社には知られたくないと思っている人が多いことでしょう。お小遣い程度の副業なら大丈夫だと思って始めてみても、だんだんと欲が出てきます。

不安と欲に挟まれながらも「チャットレディの報酬が20万円以内ならバレない」という噂を耳にした人もいるのではないでしょうか。噂の根本は住民税が関係しています。

せっかく稼げるのに20万以下に抑えるのはとてももったいないことです。今回は高収入を得ながらもバレない住民税対策をご紹介していきます。

なぜチャットレディが住民税をきっかけにバレるの?

本業があってチャットレディの仕事もしている人は、住民税がきっかけでバレてしまうことがあります。

住民税は所得に応じて変わる

住民税を支払う金額は、前年の所得によって決まります。チャットレディを始めたことによって所得金額が上がり、住民税も上がってしまうのです。

正社員として会社で働いている場合の多くは、住民税が給与から天引きされています。そのため、前年度の給与に見合わない金額の住民税が徴収されることで副業がバレてしまうのです。

チャットレディで働いているということはバレませんが、何かしらの副業をしているということがわかってしまいます。副業禁止の会社であれば大きな問題となってしまうでしょう。

また、親の扶養になっている学生や夫の扶養となる主婦の場合も世帯主に住民税が徴収されてしまいバレることに繋がってしまいます。

「住民税でバレてしまうならチャットレディは諦めよう」

そう思うのはまだ早いのです。原因がわかれば対策もわかります。もちろんバレない対策はしっかり存在していますので、チャットレディで稼ぐことを諦めないでください。

チャットレディが住民税でバレない方法は確定申告にあり!

チャットレディが住民税でバレない方法は確定申告にあり!

チャットレディで20万円以上の報酬を得たとしても、確定申告で気を付けることをしっかり守ることで住民税をきっかけに副業がバレてしまうということは起こりません。

以下3点に気を付けて安心のチャットレディ生活を送っていきましょう。

住民税の徴収方法のチェック場所

確定申告をする際に住民税を「給与から天引き」する方法と「自分で納付する」方法の2種類を選択することができます。

給与から天引きする「特別徴収」は確定申告を行ったチャットレディの報酬と、本業の給与所得を合算した金額に対して住民税が引かれることになります。

そして、自分で住民税を納付する「普通徴収」はチャットレディで得た報酬分だけを自分で納付し、給与所得分は今まで通り給与からの天引きにすることができます。

徴収方法の選択は確定申告書の第二表の中にあります。住民税に関する項目があるので、普通徴収にチェックを入れることを間違えないでください。

普通徴収を選択し、副業分の住民税と本業分の住民税の納付方法を分けることができるのはチャットレディが業務委託だからできることです。

副業も給与所得の場合は本業分も一緒に自分で納付となってしまうため、役所へ相談しに行くなどの作業も必要となります。今回はチャットレディとしての知識であることを忘れないようにしてください。

必要経費を細かく計上しよう

チャットレディは業務委託なので必要経費を計上することができます。住民税が発生するのは報酬から経費を引いた額です。雑所得で申告する場合であっても、経費を差し引くことができるのでしっかり理解しておきましょう。

チャットレディでかかる経費は、

  • 在宅勤務の場合のインターネットの通信費
  • 在宅勤務の場合の電気代
  • 事務所勤務の場合の交通費
  • チャットレディで着る衣装代
  • 美容院代
  • 化粧品代
  • Webカメラなどの機材代

このように多くの必要経費が発生します。美容は女性の喜びでもありますが、チャットレディで働くためには必須になる出費です。綺麗になるための出費が経費に計上できるのはとても嬉しいですよね。

帳簿付けをしっかりすることで節税対策にもなれば、必要経費が多かったため申告が必要なくなる場合もあるのです。

また、経費の計上は買ったものをそのまま計上すればいいというものではありません。交通費などはしっかりとわかりますが、その他衣装代や化粧品代、通信費などはチャットレディの勤務中以外にも使用する人のほうが一般的でしょう。

チャットレディの仕事をするために使用した分の割合を出し、その分を計上しなければいけないのです。電気代の場合は使用した場所の面積と使用時間などを計算し割合を出します。

もちろんチャットレディで使用する化粧品を用意したり、働くためだけのアパートを契約したりしてしまうという方法もあります。しかし、副業のためにそこまで徹底するのも大変だという人のほうが多いのではないでしょうか。

化粧品などの別に用意しても面倒でないものだけ用意し、衣装や場所と機材を提供してくれる代理店に勤めることで帳簿付けもより簡単にすることができるでしょう。

また、帳簿につけた経費のレシートや領収書は証明書類となるのでしっかりと保管しておくことを忘れないでください。

所得控除について理解しておこう

チャットレディの報酬金額から住民税を算出する際に、経費だけではなく所得控除というものも差し引かれて計算されます。

必要経費を報酬金額から差し引く場合と同じで、所得控除を差し引いた額が課税対象金額となるため住民税やその他の税金についてもそのままの報酬金額で計算するよりも安くすることができます。

所得控除の種類は基礎控除・社会保険料控除・配偶者控除・扶養控除などがあります。

基礎控除は合計所得金額が2400万円以下の場合48万円が控除されます。所得金額が上がれば控除額は少なくなっていくので注意してください。

社会保険料控除は支払った社会保険料分を控除してくれるものです。副業の場合は年金や健康保険などは給与から天引きされているため、申告の必要はありません。国民健康保険や国民年金を自分で納めている場合は、税金に関わってくるため忘れずに申告をしましょう。

配偶者控除は配偶者が一定の額以下の合計所得であることが前提ですが、自分の合計所得が1000万円以下である場合に控除されます。自分が一家の大黒柱である場合はしっかりと申告を行いましょう。

扶養控除は配偶者以外に扶養している子どもなどの家族がいる場合に受けることができます。扶養となる家族が一定額以下の合計所得金額である場合、申告を忘れないようにしましょう。また、扶養控除も自分の合計所得が関係してくるので合計所得にも気を付けてみてください。

また、チャットレディの報酬を事業所得として白色申告ではなく青色申告として申告する場合は、青色申告控除というものを受けることもできます。開業届を提出し、複式帳簿を付けることで青色申告を行うことができるので少し手間はかかりますが、副業であっても受けておきたい控除です。1つの選択肢として考えておきましょう。

このように様々な所得控除を受けることで、所得控除の金額が大きくなります。合計所得金額から所得控除を引くことができるので、最終的に差し引いた額が0円となれば住民税を増やさずに済むのです。

少し難しいような気もしますが、払わなくてもいいものを払わなくて済むようにしっかり自分が受けられる控除を把握しておくようにしましょう。

チャットレディの代理店に登録して住民税問題を解決!

チャットレディの代理店に登録して住民税問題を解決!

住民税に関して学んでみると、どうしても苦手分野でりかいができないという人もいることでしょう。しかし、周囲にバレないためや支払わなくてもいい税金を支払わなくて済む大事なポイントがたくさん隠されています。

「自分には理解できないからチャットレディ自体やめておこう」

そう思ってしまう人には代理店に登録することをおすすめします。各代理店にもよりますが、住民税や確定申告の相談に乗ってくれるところがあります。

その中でもチャットレディ代理店のRosemary(ローズマリー)であれば、質問者に親身になって回答してくれます。

Rosemaryは安心の法人経営のため経理に強いスタッフや顧問税理士がおり、わからないことをなんでも教えてくれます。

誰でも最初はわからないことなので、遠慮せずに頼ってみましょう。Rosemaryはチャットレディが気持ちよく働ける環境をしっかり整えてくれる代理店です。

主婦や学生、副業をしている人など様々な人が働いている場所なので、事例をもとにわかりやすく説明してくれること間違いなしです。

今後のためにもなる知識を付けられるチャットレディのお仕事に興味が持てたなら、ぜひ一度電話してみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP