人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディの源泉徴収の有無|確定申告が必要な理由とは

チャットレディと源泉徴収の関係とは?

源泉徴収票

インターネットで、チャットレディの報酬について調べると、確定申告の話が頻繁に出てきます。

今まで、会社員としてのみ、働いてきた人にとっては、「収入があるなら、チャットレディも源泉徴収されるのではないか?」と思う人もいるでしょう。
源泉徴収や確定申告は、法律や税金が関わってくる内容なので、チャットレディの仕事を不安に感じる要因にもなると思います。

そこで、「なぜ、チャットレディは確定申告が必要になのか?」を解説。
チャットレディと源泉徴収との関係についても、詳しく紹介していきます。

チャットレディの源泉徴収の疑問

チャットレディの仕事について、まだあまり知識が浅い方にとっては、源泉徴収と関係があるのか、わかりにくいと思います。

また、「結局のところ、確定申告は必要なのか?」といった、疑問も出てくるのではないでしょうか。

そもそも源泉徴収とは?

源泉徴収とは、所得金額に応じて決まる、所得税や住民税の税金金額を毎月の給与から、あらかじめ天引きしておくことです。

確定申告は、1年間の収入金額と、それに掛かる税金金額の申告・納税を行うことを言います。
基本、所得を得ている人は皆、確定申告をしなければいけません。

しかし、会社があらかじめ源泉徴収することによって、収入金額と税金金額の申告・納税を自分で行う必要がなくなります。
源泉徴収しておいた金額分を使って、「会社が確定申告を行ってくれる」というイメージです。

源泉徴収があると、税金を払い損ねる心配がなく、納税の義務をきちんと果たすことができます。

チャットレディに源泉徴収はあるのか?

源泉徴収のポイントとなるのは、「給与から徴収される」という点です。
チャットレディは、個人事業主として仕事をしているため、収入は『給与』ではなく『報酬』になります。

源泉徴収が行われるのは、給与所得である必要があるため、チャットレディの収入金額からは、天引きされません。
よって、チャットレディは確定申告が必要になるのです。

チャットレディに源泉徴収はない!代わりに確定申告必須

チャットレディは、源泉徴収がない代わりに、確定申告を行います。
確定申告書の作成は、会計ソフトに付属している「確定申告ソフト」や、国税庁サイト内の「確定申告書等作成コーナー」で可能です。

提出の仕方や、作成する必要がある申告書など、チャットレディの確定申告の方法は、人によって異なります。

確定申告書作成時の選択肢について

国税庁サイト内の「確定申告書等作成コーナー」で、確定申告書を作ろうとした際、いくつか選択肢が出てきます。

・確定申告書の提出の仕方

確定申告書の提出の仕方は、『e-Taxで提出する方法』と『印刷して提出する方法』の2種類です。
e-Taxを利用するには、マイナンバーカードやID・パスワード方式の届出が、必要になります。
自分が利用しやすい方法を選択して、問題ありません。

・作成する必要がある申告書等

作成する必要がある申告書等については、申告方法によって異なります。
白色申告の方で、事業所得や不動産所得がある方以外は、所得税の申告書のみです。

事業所得や不動産所得がある白色申告の方と、青色申告を行う方は、所得税の申告書の他にも必要な書類があります。
決算書・収支内訳書と、必要に応じて、消費税の申告書です。
作成する順番は、決算書・収支内訳書を先に作成してから、所得税の申告書を作成しましょう。

・入力方法選択

入力方法選択画面では、作成する確定申告書の種類を選択します。
『給与・年金専用』は確定申告書Aのことで、『全ての所得対応』は、いわゆる確定申告書Bのことです。
チャットレディの収入は、給与所得ではないので、本業が給与所得の人であっても、『全ての所得対応』の作成方法を選択してください。

確定申告書の方法

入力方法の選択が終われば、いよいよ入力開始です。

チャットレディの収入は、事業所得か、雑所得のその他の部分に入力することになります。
副業収入としてチャットレディの所得を申請する場合は、本業や他から得ている所得の入力も、忘れないようにしましょう。

所得金額の入力が終われば、所得控除、税額控除・その他の項目の入力に、順に進みます。
所得控除は、条件なく一律に受けられる基礎控除を始めとした、医療費控除や生命保険料控除・配偶者控除などです。
その内の社会保険料控除には、国民年金や国民健康保険も含みます。

税額控除・その他の項目は、投資や住宅の購入などに関わる項目のことです。
自分が該当するか分からない時は、入力画面から項目の解説に、すぐアクセスできるようになっています。

表示に従って、自分に該当する項目に、入力をしていけば、確定申告書の作成は完了です。

確定申告書に添付する書類

確定申告書を作成できたら、添付する書類が必要になります。

本人確認書類のためには、「マイナンバーカードの写し」が必要です。
マイナンバーカードがない場合は、マイナンバー通知カードや住民票の写しといった「番号確認書類」と、運転免許証やパスポートなどの「身元確認書類」を使います。

他にも、源泉徴収票や支払明細書といった、申告した内容に関係する書類は、必ず添付しなければいけません。

添付し損ねることが無いよう、重要書類の管理には注意しておきましょう。

確定申告の注意点

確定申告は、正しく行わなければ、申告加算税や延滞税といったペナルティが、課されてしまいます。
記入方法について不安がある方は、確定申告会場で相談員にを相談するか、確定申告の期日前に税務署に行って、相談すると良いでしょう。

また、節税のために必要経費を計上する際は、領収書・支払明細等をきちんと保管しておかなければいけません。
使用用途が説明できるように、項目ごとに分けて管理したり、帳簿の備考欄に用途を書いておくことをおすすめします。

チャットレディの収入は源泉徴収されてないので満額支給!

チャットレディの収入からは源泉徴収されないので、報酬額は満額支給されています。
代わりに、自分で確定申告をして、1年分をまとめて納税しなければいけません。

確定申告と聞くと、抵抗を感じる方は多いかもしれませんが、表示に従って入力していくだけで、簡単にできます。
自分一人で行うのは不安だという場合には、税務署や確定申告会場の相談員の方に、質問・相談することも可能です。
一度でも確定申告を行えば、やり方を理解することができるので、2年目以降は抵抗がなくなると思います。

チャットレディの仕事を安心して行うためにも、確定申告に挑戦してみましょう。


PAGE TOP