人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディの報酬と失業保険を同時に得るのはOK?

チャットレディで高額報酬を得ながら失業保険も受給したい|これってあり?

失業保険の不正受給

チャットレディは、基本、現金日払い制。
かつ、高額報酬を手渡しで受け取ることができる、勝手の良い報酬形態を持った仕事です。
手渡しで現金を受け取っているため、口座に履歴が残ることもありません。

さらに、チャットレディは、面接に行けば、即日働くことができる仕事のひとつでもあります。
そのため、最近、本業の会社を退職した女性が、次の就職先が見つかるまでの「つなぎのアルバイト」として始める仕事としても最適です。

このような背景があるためか、一部の女性の間で
「失業保険を受け取りながら、チャットの報酬を得ることができそうだけど、問題ないの?」
という疑問が、まれに浮上します。

やろうと思えば、ライブチャット報酬に加え、保険を受給することは、実に簡単ですが、果たして問題はないのでしょうか?

失業保険の制度を紐解きながら、疑問の解消を図ります。

チャットレディの仕事で失業保険の受給期間中に稼いでも良いの?

「最近、会社を辞めて、現在、失業保険を受給している」
このような状況の女性でも、チャットレディの仕事は、始めようと思えば、始めることができてしまいます。

チャットレディは、個人事業主として請け負う仕事なので、代理店の総務部づてに所得税の金額が、公的機関へ通知されることがありません。
そのため、チャットレディ本人が、何も気に留めることなくチャットの仕事を始めてしまうと、失業保険の受給期間中であろうと、チャットで収入を得ることが可能となるのです。

ですが本来、失業保険の給付を受けながら、所得を得ることはNGとされています。

それを踏まえて、「失業保険受給中のチャットレディ業務が、不正受給にあたらないのか?」を考えてみましょう。

チャットレディの報酬と失業保険を同時に受給するのは不正受給

チャットレディとしての報酬を得ながら、失業保険を受給すると、不正受給になってしまいます。

失業保険を得ている間は、文字通り「失業」していることになっているので、職探しをしているというならともかく、働くことはできません。

失業保険の受給を申請するためには、現在、離職中であることを公的機関に申告する必要があります。
離職の旨を申告したにも関わらず、仕事で報酬を得てしまっては、それは虚偽の報告を行って不正にお金を得た……ということに、なってしまうでしょう。
発覚すると、罰則が課せられる可能性もあるので、注意してください。

失業保険の給付制限期間にチャットで稼ぐのはあり?

失業保険は、受給期間にしか受給額を受け取ることはできません。

給付額が支払われるまでの待機期間は、「給付制限期間」となっており、もちろん、この期間中も収入を得ることは不正とみなされます。

チャットレディの仕事で稼ぎたいという女性は、いっそのこと、給付制限期間を終えた後に、個人事業主として開業届を出して、好きなだけチャットで稼ぐという方法も有効です。

「開業なんてしてしまうと、給付金をもらい損ねてしまうのでは?」と、不安に感じる女性もいるとおもいますが、今度は逆に「就業手当」を獲得できるようになります。
失業保険の代わりに給付金を受け取りながら、チャットで高収入も稼いでしまえば、結果として、お得なケースもあるのではないでしょうか!
基本手当日額の金額を満額期待するよりも、チャットレディを始めれば、手っ取り早く稼げると思いますよ♪

生活保護受給中にチャットで稼ぐのも要注意です

チャットレディに起こりうる金額の不正受給に関して、失業保険だけではなく、「生活保護」に関しても、同様に注意が必要です。

生活保護は、生活が困窮するくらい収入を得ることが難しい状況だからこそ、国が手当を提供してくれる制度になります。
ですので、生活保護を受給しているにも関わらず、チャットで高収入を稼いでしまっては、不正受給と言われても弁解できません。

ですが、考えようによっては、生活保護の状態をチャットで脱却するチャンスでもあります!
生活保護を受けながら、買いたいものを我慢して生活するよりも、好きなだけ稼いで、夢のある生活を手に入れてみてはいかがでしょう?

チャットレディの報酬と失業保険は同時に受け取らないようにしましょう

結論として、チャットレディの仕事を失業保険を受け取りながら行うことは、NGです。

ただし、失業保険で受け取れる金額は、所詮、在職していた時の金額をもとに計算された「基本手当日額」の積み重ねに過ぎません。
給付金が受けられるのは、確かに嬉しいですが、チャットで高収入を稼いだほうが、きっと、もっと大きな喜びを得ることができますよ!

チャットレディの仕事は、旦那さんや家族の扶養内にいる女性でも、問題なく始めることができます。
自身で確定申告を行って、住民税の納付方法を「普通徴収」にして処理すれば、扶養元の家族に内緒で、お金を稼ぐことは可能なのです。
扶養の範囲から外れるくらい稼ぎたい場合は、扶養を離れて、自分で所得税を納めてしまえばOK。
もし、扶養を外れる際に、「何の仕事を始めたんだ?」と尋ねられても、「コールセンターの仕事を始めた」といったように回答しておけば、何ら問題ないでしょう。

「現状の生活状況を一変させたい!」と強く願うのであれば、今すぐチャットレディとしての一歩を踏み出してみることを強くおすすめします


PAGE TOP