人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディと年末調整の関係~確定申告の必要性について~

チャットレディと年末調整の関係~確定申告の必要性について~

確定申告

チャットレディの仕事を始める際は、確定申告や年末調整について、ある程度の知識が必要です。

確定申告をしたことがない人や、税金に関することを会社に一任していた人は、今まで納税について考える機会が、あまりなかったと思います。
中には、確定申告と年末調整の違いについて、あまり理解していない方も、いるのではないでしょうか。

特に、普段は会社に勤めている女性の場合だと、年末調整で副業が会社にバレてしまう可能性があるので、注意が必要です。

今回は、チャットレディの仕事に、年末調整がどう関わってくるのか。
また、確定申告についても、風土のように関わってくるのか、詳しく解説していきます。
税金に関して疑問がある方や、不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

チャットレディに関係する確定申告と年末調整の違い

確定申告書

チャットレディと年末調整の関係は、女性の働き方によって変わってきます。
仕事をチャットレディだけに絞るか、会社勤めを本業とし、副業としてチャットレディをするか。
基本的には、どの働き方であっても、確定申告は必要です。

まずは、チャットレディに関わってくる、確定申告と年末調整について、詳しく解説します。

年末調整

年末調整とは、給与所得がある場合に行われるものです。
会社が従業員に給与・賞与を支払う際は、所得税を源泉徴収しています。
源泉徴収した徴収税額と、一年間の所得に対して、実際に支払わなければいけない所得税額を再計算し、比較。
徴収し過ぎていたり、徴収した金額が納めるべき税金金額に足りないといった、過不足を会社が調整することを年末調整と言います。

年末調整が行われるのは、給与所得を最も受け取っている、1つの会社のみです。

確定申告

確定申告とは、1月1日から12月31日までの一年間に得た所得と、その総所得金額に対して掛かる所得税額を算出して、国に申告することです。

確定申告が必要になる対象者は、所得がある人全員ですが、例外もあります。
一箇所からの給与所得のみで、会社が年末調整をしてくれている場合は、会社が年末調整を行っているため、確定申告の必要はありません。

ただし、給与の金額が一定額以上であったり、副業をしている場合には、確定申告が必要です。

チャットレディと確定申告・年末調整の関係

会社バレを防ぐ

給与ではなく報酬として得るチャットレディの収入からは、税額分が源泉徴収されていないため、年末調整と関係がありません。
代わりに、チャットレディの収入には、確定申告が関係してきます。

チャットレディが確定申告をすることによって、節税することが出来たり、副業の場合は本業の会社バレを防ぐことが可能です。

確定申告での節税方法

確定申告は、受けられる所得控除を有効活用することで、大幅に節税することができます。
所得を受け取っている人なら条件なく受けられる『基礎控除』
確定申告を白色申告から青色申告に変えると、追加で『青色申告特別控除』も受けられます。

また、チャットレディの仕事に関しての、必要経費をきちんと計上することでも、節税は可能です。
これはチャットレディの収入を「事業所得」「雑所得」どちらにした場合でも、適用できます。

必要経費を計上する際は、領収書の保管が必要になるので、ご注意ください。

副業チャットレディのバレ防止方法

副業でチャットレディをする人は、住民税の納付方法を確定申告時に選択することで、会社バレを防ぐことができます。
基本、住民税の納付方法は、給与からの天引きとなっています。

副業が本業の会社にバレるのは、市町村から住民税の納税額が、本業の会社に通達されるからです。
通達された際、他の人よりも住民税の金額が大きかった場合、他方からも収入を得ていることが判明することにより、副業がバレてしまいます。

そのため、確定申告書に記入をする際、住民税の納付方法を自分で納付するように申請すれば、会社にバレることはありません。

確定申告に必要な物

確定申告を行う際、副業の方であれば、本業の会社の源泉徴収票が必要です。
青色申告を行う方は、確定申告書に加えて、『所得税青色申告決算書』の作成が必要になります。

必要書類の作成は、国税庁の公式サイトで作成することが可能です。
収入証明となる所得証明書の保管が必要になるので、ライブチャットサイトやチャットレディ代理店からもらっておきましょう。

まとめ

経理スタッフ

個人事業主として扱われるチャットレディの収入は、報酬です。
給与所得として受け取っているわけではないため、年末調整されません。
そのため、本業・副業チャットレディの両者とも、確定申告が必要です。

きちんと確定申告をすれば、節税になりますし、副業であれば、本業の会社にバレるのを未然に防ぐことができます。
きちんと確定申告して、トラブル・今後のリスク回避しておきましょう。

確定申告に不安があったり、正しく申告できるか心配な場合は、チャットレディ代理店を頼る方法もあります。
経理の専門スタッフや、顧問税理士がいる代理店であれば、具体的で正確な回答をもらうことが可能です。

確定申告をどうしてもしたくないという場合には、正社員としてチャットレディができる事務所も少なくありません。
チャットレディを始める際は、税金のことや、所得の申告のことも考えた上で、働き方を選択することをおすすめします。


PAGE TOP