人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディで正社員になって得するパターンとは?

チャットレディは正社員の方が稼げるのか?

正社員

チャットレディは、正社員としても、働くことが可能です。
正社員としてチャットレディの仕事をするには、チャットレディ代理店に所属することが、条件になります。

通常、チャットレディは個人事業主なので、業務委託です。
そのため、収入・雇用の不安定さにおいて、業務委託で働くことに不安を感じている方は、少くありません。
その点において、正社員として働くことができれば、チャットレディの仕事を安心して行うことが可能になるでしょう。

そこで今回は、チャットレディが正社員として働くメリットデメリットについて、ご紹介します。

また、さまざまなパターンにおいて、正社員になった方が得をするのか、損をするのかについて、いくつか働き方の例を紹介。
例を参考にしながら、「自分には、正社員が合っているのか?」の判断に、ぜひ使ってみてください。

チャットレディが正社員になるメリット・デメリット

チャットレディが正社員になると、さまざまな利点があります。
その反対に、デメリットも、無いわけではありません。

いずれは、正社員として働きたいと思っている方は、ここで挙げるメリット・デメリットを判断材料にすることをおすすめします。

正社員になるメリット

・金銭的に生活が安定する
・仕事外の手間が減る
・社会保険・雇用保険に加入できる

チャットレディを正社員としてした場合、金銭的な安定が得られます。
毎月同じ金額が手に入るので、生活に困ることがなく、ローンを組むことが容易に。
また、月ごとの売上の変化に対して、過敏にならずに済むので、精神的な余裕も生まれます。

業務委託としてチャットレディをしている女性は、確定申告は、自分でしなければいけません。
その点、正社員であれば、会社員と同じように年末調整を行ってもらえるので、仕事外でのチャットの仕事に関する手間が減ります。

さらに、多くのチャットレディ代理店では、正社員は社会保険雇用保険に加入することも可能です。
社会保険とは、医療費を負担する健康保険と、厚生年金保険のことを言います。
また、雇用保険は、失業した時や休業した時の、補償のことです。

社会保険・雇用保険に加入することができると、出産手当や育児休暇時の、収入の補償がされます。
保険料は会社が折半してくれるので、自分が実際に支払った保険料よりも、手厚い保障が受けられるのです。

正社員になるデメリット

・実際の手取りが少なくなる
・勤務時間・出勤日数等の最低ラインができる
・支払い方法が固定される

チャットレディを正社員でする場合、収入の区分は「報酬」ではなく、「給与」です。
給与所得の場合、所得に対する税金金額が、毎月源泉徴収されます。

源泉徴収といった、収入に対する経理の処理が必要になるので、支払い方法は、基本的に『銀行振込・月払い』に。
源泉徴収で税金分の金額が引かれ、代理店によっては、振込手数料までもが、給与から引かれてしまいます。

さらに、固定給になる関係から、数回のチャットで月の給料以上に稼いだとしても、収入が増えることは、ほとんどありません。
実際に働いて得たポイントが、満額手元に入らなくなってしまうので、正社員になって収入が下がったと感じる女性も多いです。

雇用保険や社会保険に加入する要件には、一週間の労働時間の基準が定められています。
規定の労働時間を超えるために、出勤日数勤務時間が、決められてしまうことも。

仕事のモチベーションに直接影響しやすい、収入金額の低下や、働き方のノルマの発生。
チャットレディの仕事の良さとも言える、この2つの利点が無くなってしまうことをどう感じるかは、正社員になるか考える際の、大きな基準になると思います。

チャットレディするなら正社員?副業?

チャットレディが正社員になった際の、メリット・デメリットが明確になると、「私が正社員になったら、損するのでは?」と思う方も、いると思います。

確かに、正社員としてチャットレディをするには、デメリットも多いです。
しかし、人によっては、正社員になってよかったという女性も、少くありません。

正社員になる・ならないといった、チャットレディの働き方について、それぞれの良さと、どういう人に向いているかを詳しく解説します。

本業チャットレディ(正社員)

現時点で、毎月の収入が不安定な方や、お金の管理が苦手という方。
また、既にチャットレディをしている人なら、チャットの収入が平均的に少ないという方は、正社員としてチャットレディをすると、得をするでしょう。
必ず、毎月同じ金額の給与がもらえるので、お金による精神的な安心感が得られます。

また、シングルマザーで育児手当を受けたい方や、今後の年金受給額を増やしておきたい方も、正社員向きです。
何かあった時に備えておきたいのであれば、福利厚生を利用した方が、先々の心配が減らせます。

本業チャットレディ(正社員ではない)

チャットレディは、本業としていても、正社員ではなく、業務委託で働けます。
自分で収支計画が立てられるような方や、正社員の月給よりも、チャットで多く稼げる方は、正社員にはならない方が得です。

一度のチャットで高収入が稼げても、給与の上限が決まってしまうとなれば、金額的に損をしてしまいます。
また、短い時間で得たい収入が稼げるのであれば、勤務日数・勤務時間のノルマが課されることが、マイナスになるでしょう。

主婦・学生の方についても、正社員にならない方が、得をする場合も。
報酬額を自分でコントロールできるので、扶養の範囲内で働くことが可能です。

会社員+副業チャットレディ

チャットレディとは別に、正社員としての本業を持ち、副業でチャットレディをする方法です。
正社員の良さである、毎月の固定給と、福利厚生の特典を受けつつ、チャットレディの売上が満額もらえます。
もし、チャットレディの収入が少ない月があったとしても、収入がゼロになるわけではありません。

また、チャットレディ代理店に所属していれば、正社員でなくても、確定申告のサポートが受けられることが多いです。
生活の安定を確保しつつ、チャットレディとしての良さを十分に得たい人には、一番おすすめの働き方と言えます。

他にも、アルバイトとチャットレディを掛け持ちしている人や、小遣い稼ぎ程度に、学生が仕事をしているなど。
チャットレディの働き方のパターンは、さまざまです。

より多くの働き方を知りたかったり、実際の経験者の話を聞きたい時には、チャットレディ事務所の女性スタッフに、詳しく相談してみると、良いと思います。
代理店の女性スタッフの中には、チャットレディ経験者の方もいるので、よりリアルな意見を聞けるでしょう。

チャットレディ代理店を選ぶなら正社員登用制度の有無をチェック!

チャットレディの仕事について、いずれは正社員として働きたいのであれば、『正社員登用制度』の求人がある代理店に、最初から勤務しておきましょう。
加えて、正社員になる条件が、明確になっている代理店であれば、なお良しです。

正社員登用制度は、代理店によっては、無い可能性もあります。
また、代理店ごとに正社員になる条件が違うため、後々になって、やっぱり正社員になれなかったというパターンも、少なくありません。

事前に、「正社員になれるチャットレディ代理店か?」であったり、「正社員になる条件は、どんな条件があるか?」などを確認して、所属する代理店の目星をつけておきましょう。


PAGE TOP