人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディも利用できる年金受給額アップの方法を紹介!

チャットレディが将来もらえる年金金額は?

チャットレディも利用できる年金受給額アップの方法を紹介!

チャットレディの年金について、多くの方は、どれくらいの知識があるでしょうか?

高収入の仕事の中でも、学生や主婦も手軽に稼げて、すぐに報酬が得られる仕事として、人気の高いチャットレディ。
そのため、働いているチャットレディは、目の前の目的のためだけに、チャットをしているという方が大半です。

ですが、近年では、国民年金の受給だけでは、老後の生活がままならないというデータがあります。
せっかく、高収入の仕事をしているのであれば、目の前にある目的のためだけでなく、将来に備えた貯金もしておくと良いでしょう。

しかし、人によっては、「長くお金を貯めておくことが苦手……」という方も、いると思います。
お金があると思うと、つい使ってしまったり、人に貸して欲しいと言われてしまったり。

そんな方には、年金としてお金を拠出し、将来受け取れるようにする方法がおすすめです。
チャットレディにも適用できる、年金制度について、今回は詳しく紹介します。

チャットレディの年金受給額を増やす方法

チャットレディの扱いは、基本、個人事業主になります。
そのため、チャットレディが加入する年金は、会社員の加入する厚生年金ではなく、国民年金です。

最近のデータによると、国民年金だけに頼った場合、月の受給額が少なく、老後の生活を十分にまかなうことは、できないと言われています。
国民年金では、受給できる年金金額が、厚生年金の半分程度に。
そのため、「厚生年金に入れないのであれば、自分で貯金しておくしかない」と思う方も、いるでしょう。

実は、年金制度は、国民年金と厚生年金だけでなく、他にもいくつか存在します。
中には、掛け金が少なくても、国民年金の受給金額より多くの収入が、将来受け取れる方法も。
もちろん、個人事業主であるチャットレディにも、適用可能です。

チャットレディが、将来の年金受給額を増やす年金制度には、次のようなものがあります。

付加年金を利用する

付加年金とは、国民年金の保険料に、追加で月額400円を支払うことで、将来もらえる年金受給額を上げることができる制度のことです。

受給の際は、付加年金を利用して、保険料の追加納付した月数に、200円を掛けた金額が上乗せされます。
そのため、2年間年金を受給すれば、付加年金で支払った金額の、元が取れる仕組みです。

加入は任意ですが、国民年金基金に加入している場合は、付加年金を利用できません。

国民年金基金

国民年金基金とは、「自営業者にも、厚生年金のような年金の上乗せ制度が欲しい」という声から始まった、公的な年金制度です。
そのため、厚生年金保険に加入している会社員の人や、厚生年金保険に加入している人の被扶養配偶者の人は、加入できません。

さまざまなプランがあり、少ない掛け金でも加入できることが特徴で、月々の掛け金を随時変更することもできます。

国民年金基金の掛け金は、全額所得税控除の対象になるので、確定申告での節税が可能です。

確定拠出年金

確定拠出年金とは、公的年金と言われる、国民年金・厚生年金に加えて、任意加入できる年金制度です。

公的年金との違いは、自分で掛け金を設定でき、拠出した掛け金について、自分で運用できる点にあります。
掛け金の運用方法は、元本確保型と投資信託する方法があり、自分の好きな割合を決めて、組み合わせることが可能です。

年金受給時の金額は、運用実績によって異なるため、運用方法によっては、元本を下回る受給金額になる可能性も。
反対に、元本以上の運用利益が出た場合には、年金の受取金額が多くなるのです。
よって、確定拠出年金は、年金の意味合いだけでなく、投資という意味合いも持った年金制度と言えます。

また、確定拠出年金は、所得控除の対象です。
配偶者控除や扶養控除・勤労学生控除など、さまざまな種類がある所得控除のうち、確定拠出年金は、小規模企業共済等掛金控除に該当します。
そのため、確定申告を行うことで、所得税・住民税といった、税金金額の負担軽減が可能です。

所得控除について、疑問がある場合は、税理士事務所や税務署で、回答をもらいに行くと良いでしょう。

厚生年金に加入する

基本チャットレディは国民年金ですが、働き方を変更することによって、厚生年金に加入することもできます。

厚生年金とは、基礎年金に加えて、さらに保険料を上乗せすることで、年金受給額を増やす事ができる制度のことです。

年金の保険料を上乗せして支払うのですが、保険料は会社と折半になります。
会社が半額負担してくれる事により、自分の支払った保険料以上の年金金額が、得られるのです。

チャットレディが厚生年金に加入するためには?

チャットレディは、個人事業主ですが、働き方を選択できる仕事です。
働き方を変えることで、厚生年金に加入することもできます。

チャットレディが、厚生年金に加入するには、チャットレディ代理店を利用する必要があります。
ただし、全ての代理店で、厚生年金に加入できるわけではありません。

代理店に所属して、厚生年金に加入する方法について、紹介します。

代理店の制度を利用する

チャットレディの代理店によっては、個人の生活状況や働き方から、厚生年金に加入できる場合があります。
その際は、アリバイ会社の社員、またはアルバイトとして、採用されるようになる場合も。

制度を利用する場合、厚生年金に加入できるかは、代理店との相談次第になるので、必ず加入できるとは限りません。

代理店で正社員として仕事をする

代理店の、正社員チャットレディとして働くことで、厚生年金に加入する方法です。
チャットレディ代理店の正社員になると、さまざまな福利厚生を利用できるようになります。

最近は、福利厚生の中に、社会保険雇用保険が含まれている代理店が、大半です。
社会保険は、健康保険と厚生年金保険を含むもので、雇用保険は、失業・休業時の保証をしてくれます。

また、収入の受け取りが報酬から給与所得になるので、基礎控除に加えて、給与所得控除が適用されることになるでしょう。

チャットレディも将来の年金受給額を増やせる!

チャットレディも、さまざまな年金制度を利用すれば、老後の生活に備えることができます。
年金制度を利用した方が、ただ貯金をするよりも、得するケースが少なくありません。

月々の保険料を上げる代わりに、掛けた保険料分の年金金額が数年で得られ、長期で得できる方法。
リスクもあるが、投資として運用することで、掛けた保険料よりも多く受け取れる可能性がある方法など、貯金では得られない利益が期待できます。

加えて、年金として拠出した分の収入は、所得控除の対象になるので、節税対策としても効果的です。

特に、代理店があるからこそ使える厚生年金の加入方法は、個人事業主の中でも、チャットレディならではと言えるでしょう。

チャットレディの仕事を長くしていきたいと思うのであれば、正社員制度社会保険加入制度の活用を視野に入れてみると、いいと思います。
代理店の制度を有効に活用することで、より安心して、満足に仕事ができるようになるでしょう。

正社員制度や社会保険加入制度は、チャットレディ代理店によって、無い可能性もあります。


事前に確認してから、所属する代理店を決めておくと、後々になって、正社員になりたいと思った際にも対応可能です。

目先の利益を求めるだけでなく、自分に合った方法で、将来にも備えておきましょう。


PAGE TOP