人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディを本業化するための心得とは?

チャットレディは本業化できるのか?

本業化できるのか?

チャットレディは本業化が可能です。
実際、本業チャットレディとして働いている女性は、全体の1割程度います。
本業として仕事をする場合、長時間のチャットが可能です。

チャットレディの仕事の多くは、短時間で収入が得られる副業として、紹介されています。
そのため、本業としてチャットレディをした際には、仕事の利点がどのように変わるのか、不安に思う方もいるでしょう。

確定申告についてであったり、月の所得がどのように変化するのか、といった点や、必要な知識など、詳しく解説します。

チャットレディを本業にした時の月収の変化

月収の変化

チャットレディを本業としてした場合、月収に変化が出ます。

これまで収入が無かった人や専業主婦だった人は、収入が得られるようになることはもちろん。
副業としてチャットレディをしていた人は、チャットをする時間が増えるので、高収入を得られる時間が増えます。

普段は会社に勤務している女性だと、仕事が終わった時間から寝る時間までの3~4時間程度しか、チャットできないという方が大半です。
または、週末の2日間しかチャットができません。

本業としてチャットレディをするようになると、平日の時間を長くチャットに費やすことが可能です。
単純計算でいくと、平日に6時間チャットができれば、最高月収は副業チャットレディの倍になります。

ただし、チャットレディは時給制じゃなく、歩合制です。
単純に、時間が伸びた分稼げるというわけではありません。
伸びた時間をどのように活用するかで、より高収入が得られるか、左右されます。

チャットレディとして、専門的に技術を磨くことを心掛けると、月収を増やせるようになるでしょう。

チャットレディを本業にする利点とは?

利点とは?

チャットレディを本業にしている女性について、割合が「思ったより少ない」と捉える人もいると思います。
チャットレディの仕事は、副業として利便性が良いです。
学生の方でもできる仕事なので、本業は学生という人も中にはいます。
そのため、本業のチャットレディの割合は、全体から見ると1割程度となるのです。

しかし、あえて本業にしないという選択をしている人も、チャットレディの中にはいます。
チャットレディを本業にしない人は、どういった理由があるのか。
本業にした時のデメリットとして紹介すると共に、メリットについても比較できるよう、詳しく挙げていきます。

チャットレディを本業化するデメリット

チャットレディを本業化するには、いくつかデメリットがあります。

  • ・収入が不安定
  • ・確定申告が面倒
  • ・周囲の目が気になる
  • ・モチベーション維持が必須

本業化しようと思った際、一番心配される事項といえば、やはり収入が不安定な点です。
チャットレディの仕事一本に絞った場合、収入の不安定さは、生活に大きく影響してしまいます。
ですが、勤務時間は決まっていないため、モチベーションの維持がかなり重要に。

また、チャットレディという仕事は、アダルトなイメージを持っている人も多いです。
そのため、周りの人に相談しづらいことも、デメリットとして挙げられます。
確定申告の際にも、人に相談しにくいため、一人でこなすしかないという可能性も少くありません。

チャットレディを本業化するメリット

  • ・上限なく高収入が得られる
  • ・時間的に自由になれる
  • ・職場の人間関係の煩わしさがない
  • ・多くの時間帯の常連さんが得られる

チャットレディの仕事は、給料のように金額が決まっていません。
自分の頑張り次第で、上限なく報酬が得られます。

本業となると、一日のさまざまな時間帯をチャットに使うことが可能です。
平日の昼間でも会えたり、深夜過ぎても長くチャットができるという本業ならではの利点から、他のチャットレディと差をつけて稼げます。

さらに、職場での人間関係が苦手だという人にとっては、常に自分のペースで仕事ができるように。
ストレスなく、収入が得られるようになるのです。

チャットレディを本業でするなら確定申告は避けられない

所得

チャットレディを本業にするのであれば、ほとんどの場合、確定申告は避けられません。
自分が得た所得について、自分で確定申告を行う必要があります。
過去、会社員としてしか勤務してなかった人の中には、確定申告を一度もしたことがないという人も、いるのではないでしょうか。

確定申告と聞くと、多くの人は面倒だと感じると思います。
しかし、確定申告は、一度自分で行うと、税金について詳しくなれるという利点があるのです。

納税すべき所得税額は、自分で申告した年の総所得額から、所得控除と経費を引いた『課税所得金額』により確定します。
所得控除の種類はいくつかあり、自分が受けられる所得控除にどんな物があるのか、きちんと知っておかなければ、損をしていしまうというケースは少くありません。

チャットレディの収入は、雑所得か事業所得です。
申告する際、事業所得として申告するのであれば、白色申告ではなく青色申告に変更することをおすすめします。

すると、受けられる所得控除に青色申告控除が追加されるため、節税が可能です。

せっかく本業でチャットレディをするのであれば、確定申告の方法について学び、正しく節税できるようになりましょう。

チャットレディが本業化するのに大切なこと

チャットレディを本業化すると、メリットもあれば、デメリットもあります。
デメリットを無くすには、税金について自分で勉強をしたり、自己管理を怠らないことが重要です。
デメリットを克服できれば、短時間で高収入を得ることが可能になり、今以上に自由な時間を持てるようになります。

しかし、デメリットを考えると、今すぐ本業にするのは不安に思う方も、いるのではないでしょうか?
その場合、最初は副業として始めて、常連さんが増えたら本業にすると、本業にする前に収入の基礎を固められます。
既にチャットレディをしている方であれば、単価を上げるために、ノンアダルトサイトから、アダルトも可能なサイトに変更するのも効果的です。

また、チャットレディ代理店に所属する方法も、デメリットの解消に有効になります。
代理店に所属すると、専属マネージャーが付いてくれることも多いです。
マネージャーは、モチベーションの維持・管理や、収入アップのためのアドバイスをしてくれるので、本業でも仕事の継続が容易になります。

安定した収入がないと、どうしても不安を感じてしまう人や、税金について自信がない人は、正社員登用制度がある事務所を探していみると良いでしょう。

チャットレディを本業とするとは言っても、さまざまな働き方を選択できます。
自分に一番あった働き方を探し、安心して高収入をゲットしましょう。


PAGE TOP