ADVICE
現役チャットレディからのアドバイス
現役チャットレディからのアドバイス
チャットレディでも扶養内勤務はできる?無申告は可能?

チャットレディでも扶養内勤務はできる?無申告は可能?

チャットレディが扶養内でお仕事!申告についても詳しく知りたい!

チャットレディは女性なら誰でも簡単に高収入を稼ぐことのできる、注目のアルバイト求人です。高収入だからこそ、旦那さんやご両親の扶養に入ってる人にとっては扶養内で働けるのか、扶養から外れた収入を得た場合どうなるのかということが気になりますよね。

中には扶養から外れた収入を得たとしても、チャットレディの仕事ならバレないというよくない噂を耳にした人もいるかもしれません。

実際チャットレディの扶養問題はどうなっているのでしょうか。確定申告のことまで詳しくご紹介していきます。

チャットレディが扶養内で働くために知っておきたいこととは?

チャットレディは高収入を稼ぐことができるということで、多くの女性に注目を集めています。高収入というワードを聞くと、多くの人が夢が広がることでしょう。

ただ、両親や旦那さんの扶養に入っている人にとっては、稼ぎすぎると困るという問題点もあります。扶養について詳しく解説していきましょう。

そもそも扶養って何?

扶養とは、被扶養者である旦那さんや両親から経済的援助を受けることをいいます。旦那さんや両親が会社に勤めている場合、自分が会社で社会保険に入れてもらう対象でなかったとしても、扶養に入れてもらうことで年金や社会保険料などの支払いが免除されます。

被扶養者自身の税金が安くなる扶養控除というものもあるので、扶養に入ることのメリットはたくさんあります。子育て主婦や学生であれば、フルタイムで働くことができないのでとても助かる制度でしょう。

扶養が受けられる年収にはボーダーラインがあり、年収130万円以内で社会保険の扶養に入ることができ、103万円以内で所得税の免除の追加、98万円以内で住民税の免除までがうけられます。

ただ、上記ボーダーラインはパートなどの給与所得がある人の話です。チャットレディのように業務委託でお金を報酬として受け取る人は、年間38万円以上稼いでしまうと扶養から外れてしまいます。

扶養内で働くために気を付けること

年間38万円となると、単純計算で月およそ3万円以上稼いでしまうと扶養から外れてしまうということになります。3万円しか稼げないのであれば、チャットレディとして働く意味がないように思えるでしょう。

この38万円というのは、実際に売り上げた報酬から経費を抜いた所得金額のことをいいます。チャットレディは個人事業主扱いなので、様々なものを経費にすることが可能なのです。

経費が多くなれば多くなるほど、稼げる金額も変わってきます。経費にできるものをしっかり把握していることで、働きやすくなりますよ。

扶養から外れた時にかかる税金額

扶養から外れた場合の税金額ですが、自分の税金も被扶養者である旦那さんや両親の税金も上がることになります。国民年金や国民健康保険料を支払わなければいけないのはもちろん、住んでいる地域で指定された住民税、所得に対してかかる所得税がかかってくるのです。

被扶養者側では扶養控除がなくなってしまうので、年収500万円だった場合は年間約9万円負担額が増えることになります。配偶者控除がなくなることで、控除額が減って所得税や住民税が引かれる額が増えるのです。

単純計算で1ヵ月約7,500円になるので、決して少ないとは言えないでしょう。扶養から外れるのであれば、どちらが特になるか考えたほうが賢明です。

扶養から外れるのであれば、ギリギリラインではなくフルタイム会社員以上に稼ぐことを目標にしたほうがいいかもしれません。

パートやアルバイトとの違い

パートやアルバイトをしながら扶養内で稼ぐのであれば、103万円の壁や130万円の壁など細かいボーダーラインが決まっています。チャットレディなどの業務委託の仕事では、38万円というかなり少なく感じる金額が設定されていて、正直なぜなのかという疑問が沸いてくるでしょう。

簡単に言うと、パートやアルバイトは一つの会社に雇用されている働き手側であり、チャットレディなどの業務委託で仕事をもらう人は個人事業主となるので、どちらかというと経営者側と同じ立場です。厳密にいうと色々区分はありますが、大まかにそう考えてください。

そのため、パートやアルバイトの場合は給与所得として会社から給料をもらいますが、業務委託の場合は事業所得や雑所得として報酬を受け取ることになります。

雇用されている人であれば給料がどのくらいであっても、会社が源泉徴収や年末調整を行ってくれますが、業務委託の場合は自分で行わなければいけません。売上から経費を抜いた所得が基礎控除の金額である48万円を超える場合には、確定申告を行う必要があります。

また、48万円という金額は他に給与所得を得ていない場合の金額です。別で会社員をしているなど、副業でチャットレディとして働く場合はチャットレディの所得が20万円を超える場合に申告が必要になります。

この金額に満たなければ申告は必要ないという考えでいると、うっかり超えてしまう可能性も出てくるかもしれません。指定の金額を超えていなくても確定申告の準備をしておくことで、知らないうちに脱税をしてしまったり扶養から外れてしまったりする心配もなくなりますよ。

チャットレディは扶養内の稼ぎでも確定申告が必要!経費削減も大事

チャットレディは個人事業主扱いのため確定申告が必要です。扶養から外れたくないという人でも、確定申告は必要になってくるので確定申告についての知識を押さえておきましょう。

チャットレディは確定申告必須

一般的な会社員は、会社の経理担当の人が年末調整を行ってくれます。こうった給与所得の雇用労働者の場合は、納める税金の計算から過不足分の調整までをしてもらえるのです。

しかし、チャットレディは個人事業主扱いなので年末調整や源泉徴収を行ってくれる場所はありません。自分で確定申告を行い、自分で納税を行う必要があります。

所得が48万円や20万円以内に収まるかどうかは、常日頃から帳簿を付けていないと把握ができません。
単なる売上だけの計算なら簡単な気もしますが、チャットレディは現金手渡し&日払いの場合がほとんどなので、自分で管理をしないとわからなくなります。

それだけでなく、経費をせっかく引くことができるので領収書の保管や、売上から経費を引いた金額の把握が必要になってきます。

この管理内容は、確定申告を行う人であれば日頃から行うことです。
確定申告をしなくてもいい金額しか稼がないからと安心しきるのではなく、日頃から確定申告をするつもりでいることをおすすめします。

もし金額を超えていなくても、厳密には収入が少しでもあれば確定申告は必須になるので、しなくてもいいという考えは持たないほうがいいかもしれません。

また、確定申告するのであれば青色申告がおすすめです。
白色申告で雑所得でもいいのですが、ライブチャットサイトの運営会社では外注費として計上するため、事業所得として申告するといいでしょう。

青色申告をすることで10万円以上の控除を受けることもできます。
給与所得控除が受けられない分、重要な控除部分になってくるでしょう。
なかなか難しいと感じる人は、一度税理士事務所へ相談してみることをおすすめします。

管理を怠ることで脱税疑惑をかけられたり、それによって会社や家族にバレてしまったりといいことがありません。細心の注意を払っていきましょう。

経費計上で節税対策

今回この記事内でも何度か出てきた「経費」という言葉ですが、業種によって経費計上できる項目は異なってきます。
チャットレディの場合は、自分自身が男性会員とお話しをして売上を上げるので、身だしなみ部分まで経費計上をすることができます。

例えば、メイク代やヘアメイク・ウィッグ代、普段チャットで着ている衣装代、コスプレをする人であればその費用も経費計上できるのです。
男性相手のため、美容にも気を遣う必要があるため、エステ代や美容院代なんかも経費として挙げられますよ。

また、チャットレディはパソコンでインターネットを通じて男性と会話をするお仕事なので、在宅勤務を選択し自分で機材を用意した場合、パソコンやWEBカメラ、イヤホンの購入費なども経費計上できます。
他にも、インターネット通信費や電気代などの経費計上もできますよ。

経費にならないものもあるので注意が必要

チャットレディとして働く上で、経費として計上できるものが意外に多いことに驚いた人もいることでしょう。経費として計上できるものが多いので、所得を限りなく減らすことができそうと思う人もいるかもしれません。

しかし、何でもかんでも経費にできるというわけではないのです。収入に対して経費が多すぎると税務署から確認が来ることもありますし、飲食費などチャットレディの仕事と関係のないものであれば経費にすることはできません。

電気代やインターネット通信費も、プライべートで使用している料金は計上できないので、按分計算というものをしなければいけません。

衣装も買った服すべてを経費にするのではなく、仕事で使う分だけにするなどにしておいてください。身バレ対策のためにも、衣装と普段着は分けたほうがいいでしょう。

経費になるかどうかは細かい部分なので、税理士に相談することをおすすめします。

チャットレディとして扶養内で働きたいなら代理店登録がおすすめ

チャットレディとして扶養内で働くには、様々な注意事項があることがわかりました。その注意事項さえ守れば、高収入の仕事だからこそ働く時間は短いのに普通のパートの給料と同じくらい稼ぐことができるようになります。

1日5時間週5日働かないと得られない収入が、1日3時間週3日で得られるかもしれないのです。ただ、扶養内で働くための注意事項は、自分で管理をできそうにないと思う人もいるでしょう。

そんな人には代理店登録をおすすめします。中でもおすすめなのが、チャットレディ代理店ローズマリーという代理店事務所です。

アリスには経理スタッフもいますし、顧問税理士もついています。確定申告や節税対策方法や、扶養内の働き方についてしっかり相談に乗ってもらえますよ。
確定申告書の書き方や、青色申告者になるためにはどうすればいいのか、そういった細かいところまで的確に回答をしてくれます。

少しでも気になったら、ローズマリーに電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

アドバイストップ

よく読まれている記事

カテゴリー

タグ

ワンランク上のライフスタイルをローズマリーで叶えましょう♪

~30代以上の大人の女性向けチャットレディ・プロダクション~