人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディは賃貸契約できる?働く女性の悩める問題を調査

本業チャットレディが賃貸契約の審査をパスするための極意を伝授

短時間で、誰でも簡単に高収入を稼ぐことができるメリットから、近年、チャットレディを本業とする女性が増えています。

しかし、ライブチャットの仕事を本業とすると、少々、不利が生じやすい場面に出くわすこともあるのです。自身での確定申告の手間や、身バレへの警戒なども、不利のひとつになるのでしょうが、今回は賃貸契約についてを取り上げます。

部屋を借りる

チャットレディが部屋やマンションなどの賃貸物件を契約する場合、審査にパスできない可能性を多少なりとも考えておかなければなりません。上手く審査を通すためには、それなりの手はずを整えておいたほうが、都合が良い場合もあるのです。

そのような、賃貸契約に関する豆知識を調査・紹介したいと思います。

チャットレディが賃貸の審査にパスできない理由とは?

チャットレディが、賃貸の審査でつまづいてしまう理由として、次の要素が挙げられます。

・歩合制の仕事だから
・チャットレディという仕事の認知度が低く、人物像が図れないため
・連帯保証人の問題

管理会社の審査基準は様々なので、他にも理由がある場合もありますが、概ね、このような箇所で引っかかってしまうケースが多いので注意してください。

歩合制の仕事は賃貸の審査に影響しやすいって本当?

大抵の女性は、チャットレディの仕事を「歩合制」で引き受けています。

歩合制は、自分の頑張り次第で上限なく収入を得ることができる、メリットの大きな働き方ですが、賃貸契約時においては、足かせとなる場合もあるので注意してください。

理由としては、「給与制の仕事と違い、毎月の収入が安定しないため」と言われています。

物件を貸す側からすると、毎月の収入に差が生じる歩合制の仕事では、家賃の支払いが滞る心配があるため、「それなら安定した職に就いている人に貸す方が良い」と考えるのも当然でしょう。

尚、支払いの懸念を晴らすために、収入証明書や所得証明書を提出したからといって、効果があるとは限りません。
もし、チャットレディの他に、源泉徴収票が発行できる副業をされている方であれば、そちらの仕事を軸に、物件の相談を行った方がスムーズな場合もあります。

賃貸契約時に人物像は大きく影響するので要注意

チャットレディが賃貸契約で不利になる理由として、「人物像」に関しても、しばしば取り上げられることがあります。

ライブチャットの仕事は、最近では人気が高まってきたものの、世間一般からすれば、まだまだマイナーな職種のひとつです。
仕事内容についても認知度が甘く、そのため、職業から人物像を図ることが、なかなかできません。

他の女性向け高収入求人にも言えることですが、新規で物件を契約するとなると、チャットレディが、障害の多い職種であることは、間違いないでしょう。
深夜、一般家庭が寝静まった後での行動や、騒音問題など、管理会社が、近隣住民とのトラブルを警戒する可能性も考えられます。
もしトラブルに発展すれば、他の入居者から批判を受けるのは、管理会社です。
そうならないように、余計な心配事の種は、最初から取り除いておきたいというのが、きっと管理会社側の本音なのでしょう。

そのため、職業欄に書く内容はもちろん、身だしなみや言葉遣いなどに関しても、軽く気をつけておくようにしておいて損はありません。
不動産会社に行く際には、もちろん普段着でもOKですが、だらしなくなり過ぎないようにだけ、心がけておきましょう。

賃貸契約に連帯保証人は必須

チャットレディに限らず、賃貸物件を契約する際には、連帯保証人が必須です。

ですが、ライブチャットで働く女性の中には、家庭の事情を始めとする様々な理由から、連帯保証人を立てることが困難な人もいます。この場合、通常だと、収入の有無に関わらず、家を借りることはできません。

チャットレディの賃貸契約が有利になるテクニック

チャットレディが賃貸契約を行う時、有利に働く手段や、事前に考慮しておくべきポイントが、いくつか存在します。

それらをまとめて紹介するので、物件を借りる際の参考にしてみてください。

賃貸物件の防音性には気を付けよう

自宅でチャットレディをやる場合、賃貸物件の防音性には、かなり注意を払う必要があります。

中には、壁が薄く、音が筒抜けな物件もありますが、そのようなところを借りてしまうと、チャット中の会話が丸聞こえになるでしょう。

声が筒抜けになると、プライバシーの面での不安もありますが、近隣住民との騒音問題に発展しかねません。
特に、ライブチャットサイトは、深夜に最大の盛り上がりをみせることが多いので、必然的に、夜中に仕事に取り組むことも多くなります。
それが原因で、周囲の住民の眠りの妨げになってしまうと、余計なトラブルに巻き込まれてしまうかもしれないので要注意です。

おすすめは、鉄筋性の防音性に優れた物件を選ぶようにすることですが、書面で確認するだけではなく、内覧の際に、実際に詳しく調べるようにしましょう。

不動産会社で職業を聞かれたらチャットレディとは答えない!

不動産会社に行って物件契約を進める際、必ず「職業」について問われます。この時、自身の職業を「チャットレディ」と答えてしまうと、契約が上手く行かなくなってしまう可能性が生じるので、注意しましょう。これまでにも解説した通り、チャットレディは、まだまだ認知度が低く、歩合制の仕事であるため、世間一般における職業としての信頼度が高くありません。

また、チャットレディへの理解度が高い場合においても、深夜帯での会話による「騒音被害」を始めとした近隣トラブルに発展するケースを懸念して、賃貸契約が見送られる場合も考えられます。

そのため、賃貸契約を結ぶ時は、自分の職業を「チャットレディ」と答えず、情報分野の仕事で、自営業・個人事業主をしているといったように、ワードを置き換えて回答する方法が効果的です。

インターネット関連の仕事をしているので、「情報」と答える分には、嘘はありません。
それに、近年では、在宅でIT関連の仕事をしている人も増えているので、怪しまれることもないでしょう。

賃貸保証会社を使うのも有効

歩合制であるチャットレディの報酬制度が原因で、賃貸契約が進まない場合には、賃貸保証会社を使うのも有効です。

賃貸保証会社とは、借主が家賃を払えない場合に、料金を立て替えてくれる会社で、利用すると、審査に通貨しやすくなります。ただし、月々の家賃の支払いに加えて、保証会社に支払う金額が、上乗せで必要となるデメリットもあるので、注意が必要です。

また、物件によっては、使用する保証会社を自分で選べない場合もあるので、事前に確認してから、利用を検討するようにしましょう。

専業チャットレディが収入を証明する際には確定申告書を提出するのも有効

専業でチャットレディをやっている場合、源泉徴収票が発行されないため、収入照明できる書類に悩まされるケースもあります。

そんな時は、確定申告書を所得証明書がわりに提出してみてください。

確定申告書には、しっかり自分の所得が記載されているはずです。
ですので、こちらを参考に、収入を見積もってもらいましょう。

チャットレディの賃貸契約は

チャットレディが賃貸契約をするとなると、それなりの困難がついてまわる場合もあります。
しかし、適切な手段を踏むことで、契約が見送りになるリスクを下げることができるので、問題となりそうなことを事前に把握し、一つ一つ対策するようにしてみてください。

どうしても、一人で賃貸契約に踏み切るのが困難だという女性に関しては、賃貸契約に関する相談に応じてくれる代理店で、チャットレディをやってみましょう。ライブチャットの代理店は、物件を借りることに関しても、専門家だと言えます。
事務所の徒歩圏内の賃貸物件を利用してチャットルームを展開することもあるため、問題対策が完璧だったり、ナイトワークに強い賃貸業者を知っていたりする場合が多いです。

物件に関する相談も、まとめて代理店に投げてもらうのが、手っ取り早く、楽ですよ。


PAGE TOP