人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディに照明は不可欠|報酬も激増するって知ってた?

チャットレディに照明効果は必要不可欠|収入すら激変させる重要アイテム

チャットレディの仕事で高収入を得るためには、映像クオリティを高める努力や設備が欠かせません。

映像の質を高める上で、「照明機材」には、非常に大きな影響力があります。

照明による光の調節

ライトひとつ、的確なポイントに設置するだけでも、チャットレディの画面映りは激変し、結果として報酬が倍増することだってあるのです。

照明の効力に気が付いているチャットレディや代理店事務所は、映像の質を極限まで高めるための環境構築に、力を注いできました。

今回、店舗が培った照明に関するノウハウを紹介します。

現在、チャットレディとして働いている女性が、仕事に活かせる内容であることは、もちろん。
在宅でチャットレディをやってみたいという女性にも、おすすめできるテクニックをピックアップするので、チャット用に部屋をカスタイマイズする参考にしてみてください。

チャットレディの現場で使える照明器具

ライブチャットの職場で使える照明機器について、例を挙げながら解説します。

光源として使用する電球ひとつとっても、役割によって光量や設置箇所が異なるため、機材ごとの性能や使い方を知っておいて、損はありません。

機材別の特性を知ったうえで、自分の環境に何が必要なのかを判断する基準としてみてください。

スタンドライト

チャットレディが実務を行うチャットルームに設置されている照明器具の中で、最もポピュラーなのが、スタンドライトです。

大抵の場合、WEBカメラを設置したパソコン(配信機材)の付近に設置されることが多く、パソコン側からチャットレディの顔あたりに向けて照射することで、顔色や肌の画面映りを良くする目的で使用されます。

顔周辺に光が当たるように、照射角度を調整することで、チャットレディの全身を満遍なく綺麗に照らすことが可能です。

クリップライト・ビデオライト

チャットレディが使うライトの中で、スタンドライトに並んでポピュラーなのが、クリップライトです。

パソコンのモニターの上部あたりから、チャットレディの顔の方に向けて角度調整することで、全身を満遍なく照らすことが可能となります。

舞台上の女優のように、光を当てることで肌に美白効果を与えることから、「女優ライト」とも呼ばれることも。

また、円形や星形にLEDライトが配列されているクリップライトを顔に向けて照射することで、瞳の奥にキラキラとライトのきらめきを取り込むこともできます。

より光量が必要なら、近年多くのYouTuberも利用している「ビデオライト」を取り入れるのも良いでしょう。

レフ板

レフ板とは、自然光や撮影用ライトの光を反射させて、被写体に自然な光を当てるための撮影用機材です。
直径数十センチ~1メートル程度の、白色または銀色の膜のような道具で、光を当てたい方向から被写体に向けて使用します。

レフ板は、チャットレディの現場でも、大活躍する機材のひとつです。

照射している光の向きが直線的すぎて、顔の凹凸に影が落ちすぎる場合、レフ板で光を拡散しながら満遍なく照らすことで、影を緩和して綺麗な肌に見せることができます。

また、レフ板がない場合でも、部屋の壁が白地である場合、同様の効果を得ることが可能です。
壁材にもよりますが、照明器具の設置の仕方を調整することで、白壁の反射光が利用できるので、レフ板と同じように利用できます。

例えば、スタンドライトの光を白壁に反射させて、チャットレディの顔に当たるようにすれば、柔らかい光が肌全体に満遍なくあたるようになり、映像上での美肌効果をアップさせることができるので、おすすめです。

間接照明

チャットレディの仕事の目標は、視聴者にとって魅力的な映像を配信して、より多くの報酬を稼ぐことです。
そのためには、WEBカメラの目前でじっとしているだけではなく、時にはカメラから離れて距離をあけたり、上下左右にカメラを動かしたりと、映像に変化を付ける必要があります。

この時、効果を発揮するのが、「間接照明」です。

例えば、カメラ前から遠のいたとしても、画面奥となる場所に間接照明が設置されていれば、遠景でも見やすい映像を配信することができます。

また、遠景の光量が十分な場合でも、演色ライトによるムーディーなライティングで、映像に変化を付けることも可能です。

照明は、直接肌を照らす目的で使用するだけではなく、見やすさやムードをアップさせるために使うのも、効果があります。

チャットレディに必要な照明の正しい効果や使い方

チャットレディとして高収入を得るためには、ストレスなく視れる映像配信を心がける必要があると解説しました。
そのためには、用途の異なる照明機材を適材適所に用いる必要があります。

しかし、使い方や効果を見誤ると、本来の効力が得られない場合もあるのです。

せっかく照明器具を設置するのであれば、今回紹介する用法や効果についても念頭に置きながら、より効果的に利用してみてください。

蛍光灯・白熱灯・LEDの違いで色味に差が出る

照明には、様々な種類が存在します。

近年においてもポピュラーに、多様な場所で使用されているのが「蛍光灯・白熱灯・LED」の複数種。
家電量販店でも手に入れやすく、馴染みのある種類だと思いますが、チャットの現場で使用するには、それぞれの特徴を踏まえてチョイスする必要があります。

蛍光灯

LEDにとってかわるまで、一般家庭の天井照明として、広く使用されてきた、未だに根強い人気を誇る照明です。
明るさが抜群で、太陽光に近い発色のものもあり、一定の使いやすさを感じることができるでしょう。

白熱灯

暖かいオレンジ色がかった光を放つ、特徴的な照明です。
インテリアとして雰囲気を出すことはできるのですが、チャットで使用する場合には、画面上で暗く映ってしまう上、色味の調整も難しいので、テクニックを要します。
また、発光する際に、かなりの高温になるので、その点も注意が必要です。
チャットの現場では、明るさをナチュラルに調整する目的で、時折、照明の前にティッシュや薄い白い布地等を設けることがありますが、引火する可能性が高いので気を付けましょう。

LED

近年、広く使われるようになった照明で、高い耐久性と調光機能が魅力です。
調光機能による自由度が高いため、とても使いやすいのですが、ものによっては光量が不足しがちなケースもあります。

蛍光灯と同じ明るさの商品を買ったはずなのに、実際に付けてみるとなんだか暗い……そんな場合もあるので要注意。
実際の画面を確認しながら、チャットで使用可能なレベルの明るさがあるかどうか、確かめてみてください。

部屋の広さや壁紙の色など、周囲の環境によって、必要な明るさや色味が変わってきます。
それらを見極めて、使いやすい照明を購入するようにしてみてください。

照明の色の違いが画面映りに大きく影響する

照明は、一見どれも白っぽく光っているように見えますが、実は、色味に違いがあります。
人間の目で見て大差ないようでも、WEBカメラを通して光を感知すると、その差が顕著に現れるのです。
そのため、画面に映った時に、目的とする色味で発光する照明を選ぶ必要があります。

照明の色味の種類は、以下の通りです。

昼白色

太陽光に近い色味で発光します。
チャットレディの現場において、最も使いやすいとされる種類です。

しかし、部屋全体の色味によっては、黄色みが少々強く出てしまう場合もあります。

昼光色

青味や緑味がかった、爽やかな色で発光します。
そのため、画面越しだと、全体が青っぽく映ってしまいがちです。

部屋全体の色味や、WEBカメラの質によっては、画面内で昼白色よりも自然な色味を再現できる場合もあります。

電球色

暖色系の温かみのある色味で発光します。
画面越しだと黄色みがかなり強く出る上、画面全体が暗く見えがちです。
チャットレディの現場で使用するには、画質の調整テクニックを要します。

このように、照明には、それぞれ異なる色味が存在し、色の違いによって使い方にも差が生じます。

どれを使うのが正解……というものはなく、周囲の環境によって、画面上での映り方が大きく異なるのが、照明の難しいところです。

そのため、自分のチャット環境を良く調べて、最適な照明を選ぶようにしてみてください。

初心者の方は、メインの光源として、昼白色・昼光色あたりを取り入れてみるのが、おすすめです。

照明を配置する際には逆光に注意

照明器具は、設置する位置によって、全く真逆の働きをする場合もあるので注意が必要です。

チャットレディの正面から、満遍なく光が当たるように照明を設置すると、肌や全身を綺麗に見せる効果が得られます。

しかし、逆にチャットレディの背後に照明を設置した場合、画面に映るチャットレディの全身に暗い影を落とし、映像がとても視づらくなるのです。

美白の女性

これは、照明が2つ以上ある場合にも起こりえます。

例えば、天井とチャットレディ前面の2箇所に照明が設置されている場合、チャットレディ前面の照明が天井の照明より暗ければ、結果としてチャットレディの顔に影が落ちてしまうのです。

このように、2つ以上の照明の明るさに差があった場合、より暗いほうの照明効果が得られづらくなるケースもあります。

照明を設置する場合は、場所と明るさを考慮して、目指したい効果が得られるかどうかを見極めるようにしてみてください。

チャットレディで使う照明は部屋に合わせたものを!収入にも影響します

チャットレディの現場で使用する照明器具に関しては、部屋の環境やWEBカメラの性能にあわせて、性能や設置個所を吟味することが大切です。

照明は、映像のクオリティにクリティカルに影響を及ぼす、非常に重要な役割を担っています。

映像の質が上がって、見やすい画面が提供できると、視聴者となる男性会員も、ストレスを感じることなくチャットの画面を見続けることが可能に。
結果、チャットの時間が長くなり、報酬アップも期待できます。

とはいえ、照明器具を詳しく見極めて、最適な環境を整えるのは、少々困難だと感じる方もいるでしょう。

そういった女性は、代理店事務所が提供しているチャットルームを利用して働くのがベストです。

チャットルームなら、最初から快適な環境が整備されているので、自分で試行錯誤する必要がありません。
利用したその瞬間から、高収入を目指せるため、非常におすすめです。

チャットルームの環境に関しては、面接でも詳しく聞くことができるので、一度、問い合わせてみてはいかがでしょうか?


PAGE TOP