人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディは流出が不安!晒し対策方法とは

チャットレディは流出が不安!晒し対策方法とは

チャットレディの流出問題!晒しに遭わないためには

チャットレディは風俗やキャバクラのように直接男性と触れ合う必要がなく、安全に高収入を得られる仕事として注目を集めています。しかし、チャットレディに起こり得るリスクの噂を聞いて不安に思う人もいるのではないでしょうか。

チャットレディのリスクの一つとして、流出・晒し問題があります。自分がチャットレディとして働いていることが周囲にバレたり、仕事中のスクショや動画が流出してしまうことが一番怖いという人も多いでしょう。

実際にチャットレディのスクショや動画が流出・晒しに遭うことはあるのでしょうか。その真相と対策方法などについてご紹介していきます。

チャットレディの流出・晒し問題は本当にあるの?

チャットレディとライブチャットサイトで話しているときに、知らない間に男性会員が映像をキャプチャしたり画像のスクショを撮っていたりするということが残念ながらあります。スクショやキャプチャは簡単にできてしまうのです。

スクショやキャプチャを完全に防ぐというのは難しいことです。基本的には防ぐことはできないものと思っておいたほうがいいでしょう。

流出や晒し行為は違法

チャット中にスクショやキャプチャを撮られること自体は防げませんが、流出・晒し行為に対する対策をとることは可能です。そもそも、チャットレディの画像や映像を流出・晒しをすることは違法行為に当たります。

ネット上の動画投稿サイトなどに流出・晒しをした場合10年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金が課せられるので男性にもリスクが伴います。そのため、流出・晒し行為を行う人はほとんどおらず、大半は個人で楽しむためにスクショやキャプチャをしています。

個人で楽しむためのスクショやキャプチャであれば、実際に話した会員以外は見ることができません。そう思うと少しは安心ですよね。

大手代理店は流出・晒し対策をしてくれる

チャットレディは個人で場合と代理店に登録して働く場合があります。個人でライブチャットサイトに登録すると、自分で対策を行わなければいけませんが大手代理店に登録することで流出・晒し対策を行ってくれる場合があります。

対策の内容は代理店によりますが、大手代理店であればネットの巡回なども行ってくれるでしょう。中にはオークションサイトで動画や画像を売る悪質な出品者などもいますが、そのような考えられる場所を全てスタッフが巡回し対処してくれます。

チャットレディができる流出・晒し対策方法

チャットレディの仕事をしている人は、本業やアルバイト、副業として働くなど様々な事情があります。会社にバレたくなかったり、彼氏にバレたくなかったりなど多くの女性は自分がチャットレディであることを知られたくないと思っていることでしょう。

そのため、スクショやキャプチャが流出・晒しに遭うことはどうしても避けたいはずです。
流出・晒しの被害に遭わないための対処法をご紹介していきます。

顔出しをしないで働く

スクショやキャプチャの流出・晒し被害に遭うのは、アダルトで働いている場合が多いです。アダルトで仕事をする場合は、顔出しをしないようにすることが流出・晒し対策になります。

アダルト行為を目当てに来るお客さんは、顔出しなしでも理解のある会員さんが多くいます。ノンアダルトの場合顔出しなしで働くのが難しくなりますが、アダルトの場合は十分需要があるので身バレの危険性が低くなりますよ。

また、マスクをして働くチャットレディもいます。マスクをすることで目元と髪型の雰囲気しか伝わらないので、個人の特定もしにくくなるのです。

確かに顔出しをしているほうがアダルトであっても稼ぎやすいでしょう。顔出ししてもっと稼ぎたいという場合は、体と顔を一緒に映さないようにすることで流出・晒し対策になります。一緒に映らないようにアングルを工夫してみましょう。

メイクや衣装で印象を変える

最近は動画であっても加工を行うことができますが、念のためメイクや衣装で雰囲気を変えることも流出・晒し対策として効果的です。普段濃いメイクをしている人はナチュラルに、清楚系なら少し派手にしてみるなど雰囲気を変えてみましょう。

大手代理店にはコスプレや普段着のような衣装のレンタルが用意されています。自分が好む服装とは少し違うものを選ぶことで、楽しみながら雰囲気を変えられるでしょう。

また、ウィッグをつけることで雰囲気も変えられます。普段と違う自分になることができるので、テンションもあがりますよ。

個人情報をカメラに映さないように注意する

通勤ではなく在宅のチャットレディをしている人は、カメラに映るものに十分注意してください。その気はなくても、机の上に免許証などの個人情報が置かれていて身バレしたというケースもあります。

また、窓から外の風景が見えて場所が特定されてしまう場合もあるので窓は映さないようにしたり、カーテンをしめたりなど注意しましょう。

在宅でチャットレディをしていると、思わぬところから情報が漏れてしまうことがあります。代理店に登録して通勤を選ぶことで、そのような危険性はなくなりますよ。

映像内にカレンダーや時計を映す

ライブチャットをスクショ・キャプチャして流出させる人は、自分が犯人であることを特定されることを恐れています。そのため、自分が特定される可能性があるライブ動画やライブ画像を流出しない傾向があります。

チャットを行った日付や時間が分かれば、どの男性会員と話していたか特定できるのです。そのため、普段ライブチャットを行う際は映像内にカレンダーや時計を映すように心がけてみてください。

万が一流出した際は流出させた男性会員の特定ができますし、そもそも特定が怖くて流出を断念する確率が高くなります。カレンダーや時計は手軽にできる対策なので早速始めてみてください。

男性の名前をたくさん呼ぶ

スクショやキャプチャの流出を行う人は、自分の犯行であることを特定されることを嫌うためチャット中に男性の名前を連呼することも対策として有効になります。

映像の中で名前を呼ばれることで「あの人が流出したんだ」とすぐにピンときてしまうので、流出することができなくなるのです。

男性の名前を連呼することは、流出・晒し対策だけではなく稼ぐコツとしても有効です。自分の名前を呼ばれることは、純粋に楽しんでくれている男性にとってとても嬉しいことなので、常連さんの獲得につながりますよ。

チャットレディが流出・晒しに遭った時の対処法

チャットレディが様々な流出・晒し対策をしていても、残念ながら流出・晒し被害に遭ってしまったという場合もあります。
流出・晒し被害に遭わなくても、スクショやキャプチャをネタに脅してくる男性も稀にいるようです。

チャットレディをとても気に入ってしまって、実際に会いたいと思い「会ってくれないとスクショを晒すぞ」といった脅しをするのです。

このように脅されてしまうと不安になると思います。恐喝は立派な犯罪なので一人で抱え込むのは絶対にやめて下さい。
サイト側や登録している代理店に相談しましょう。

しっかりした大手代理店であれば、顧問弁護士も付いているのでそういった場合も安心できるサポートを行ってくれますよ。

流出・晒し被害に遭ってしまった場合

流出・晒し被害に遭ってしまった場合
スクショやキャプチャの流出・晒し被害に遭ってしまった場合、すぐに動画投稿サイトや画像の投稿サイトに削除依頼を行いましょう。削除依頼はいかに早く行えるかどうかがカギとなっています。

遅くなれば遅くなるほど拡散の可能性が広がるので、完全に消滅することができなくなってしまいます。大手代理店なら常に巡回を行ってくれているところもあるので、その対処が早急にできるのです。安心のためにも信頼できる代理店への登録をおすすめします。

チャットレディが流出・晒しに遭わないためには代理店登録がおおすめ

チャットレディが流出・晒し被害に遭わないためにできることはたくさんあります。自分でできることは普段から意識して行っていきましょう。

しかし、流出・晒し被害に遭ってしまった場合は自分だけで対処することはとても難しいものです。チャットレディとして働く時間以外にも巡回を行わなければいけませんし、気が休まりません。

安全にチャットレディとして働くためにも、代理店へ登録することをおすすめします。海外サイトでも国内サイトでも、どんなサイトに出演していても代理店に登録することで女性の安全は代理店が守ってくれます。

大手代理店でも巡回を行っていないところもあるので、安全対策をしっかり行っているかどうかしっかり確認してくださいね。

どこの代理店を選べばいいかわからないという人には、チャットレディ代理店ローズマリーをおすすめします。

ローズマリーでは安全対策はもちろん、稼ぎ方のコツや確定申告の相談までサポートが充実しています。気になったら電話してみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP