人妻・主婦向け、通勤でも在宅でも気軽にできて短時間で高収入(日払い可)が稼げるチャットレディのお仕事でセレブな暮らしを手に入れてみませんか?

チャットレディをやって扶養が外れないための注意点

チャットレディで働くことを検討している女性は、「お小遣い程度の金額を稼ぎたい」と考えていることが多いのではないでしょうか。

しかし、お小遣い程度といえ、扶養から外れないためにはどの程度まで稼げるのか、本業など他の仕事とチャットレディを掛け持ちする場合にはどの程度まで稼いで良いのか確認しておきたい人もいるでしょう。

実際にチャットレディとして長年働いている女性スタッフのユキが、扶養から外れないためのポイントや注意点を紹介します。

扶養には2つの種類がある

豚の貯金箱

一般的に、扶養には税金社会保険の2種類が存在しています。

控除を受けられるという部分では似ている内容ではあるものの、扶養について検討する際には、それぞれ別のものとして考える必要があります。

  • 税金の扶養については国税庁(税務署)が担当
  • 社会保険の扶養については社会保険庁(厚生労働省)が管轄

例えば、配偶者の扶養に、チャットレディを本業として稼いでいる個人事業主の女性が加入するのであれば、税金と社会保険の扶養それぞれで所得額の基準が異なるのです。

夫の扶養に入って控除を受けたい場合には、税金の扶養と社会保険の扶養の両方で基準を満たさなければなりません。

さらに、親や子供の扶養に関しても、2つの扶養では年齢制限に違いがあります。

扶養について知りたいのであれば、まずはどちらの扶養について知りたいのかを明確にする必要があるでしょう。

会社の扶養については企業ごとで異なる

会社が支給する扶養手当とは、それぞれの会社が基準を定めており、働く社員に向けて作成されたものです。

税金や社会保険の扶養とは異なり法律で決められたものではないため、場合によっては支給されないケースもあります。

会社の扶養手当については担当部署や労務などに確認をする必要があるでしょう。

さらに、扶養手当とするのではなく家族手当など名前を変更している会社もあり、支給の方法も会社ごとに異なります。

会社の扶養手当は福利厚生の一環であるため、税金や社会保険の扶養とは別のものだと考える必要があるのです。
そのため、内容を確認し、所得の基準などを確認しておきましょう。

社会保険の加入条件は変わった

年収が130万円を超えた場合、扶養から外れてしまい自身で社会保険に加入する必要があります。

社会保険の加入条件は 年収130万円から106万円まで引き下げられました。

さらに、

  • 1週間に20時間以上勤務していること
  • 1ヶ月の給料が88,000円以上
  • 1年以上勤務する可能性がある
  • 従業員が501人以上の会社で働いていること
  • 学生ではないこと

なども社会保険 への加入条件となります。

チャットレディをやっていて扶養から外れた場合のメリットとデメリット

笑顔の女性

チャットレディの仕事で稼ぎ、扶養から外れたとしてもメリットはあります。

1つは、社会保険の給付金適用範囲が広がることです。

健康保険給付金

扶養から外れることで新しく出産手当や傷病手当を受給できるようになります。

傷病手当

怪我や病気で4日以上仕事ができなくなった際に、4日目以降休んだ日数分に関して給与の66%が補填されるものです。

例えば、インフルエンザなどで1週間仕事ができなくなった際に、4日目から7日目までの合計4日間は傷病手当が支給されます。

出産手当

出産前6週間から産後の8週間まで仕事ができない期間、給料の66%が補填される制度です。

産休期間前に体調が悪くなり欠勤せざるを得なくなった状態で、そのまま産休に入るのであれば、傷病手当と出産手当の2つを受給できます。

ただし、重複して受給することはできません。

もう1つは厚生年金に加入することにより老後に受け取れる年金の金額が増えることです。

扶養に入った状態

通常の国民年金だけの受給であるため、老後を受給できる金額はおよそ78万円程度とされています。

扶養から外れた場合

自分で厚生年金に加入するため、老後のに受け取れる年金の金額が増えるだけでなく、障害をおった場合や亡くなった場合の年金の金額も増えることが特徴です。

一方、チャットレディで稼いで扶養から外れた際のデメリットとしては、健康保険や厚生年金の金額を負担しなければならないことや、夫や親の税金の負担が増えることが挙げられます。

社会保険料は額面での給与が20万円であれば月に28,000円支払わなければならず、その分手取り額が少なくなるのです。

扶養から外れることで夫や親と、チャットレディとして働く自身の社会保険料負担の負担が発生する上に金額も増え、場合によっては世帯年収が減少してしまう可能性があります。

チャットレディだけで働いている場合の注意点

チャットレディだけでお金を稼いでいる場合は、38万円以上稼いでしまうと扶養から外れます。

扶養から外れることによって夫や親の住民税と所得税、自営業の場合は国民健康保険料の金額が高くなるのです。

扶養から外れないようにチャットレディで働くためには、38万円以下に抑えることや確定申告によって所得を下げるほかありません。

家族に内緒でチャットレディの仕事をしていた場合、大きく稼いで扶養控除から外れてしまうことで、夫や親にチャットレディをやっていることがバレてしまうことにもつながるでしょう。

確定申告についてはこちらで解説していますので「チャットレディの確定申告のやり方を解説します!」をご覧ください。

チャットレディの報酬が扶養条件を超えている場合

現在チャットレディとして働いており、すでに扶養の条件を越えて稼いでしまった場合や、それでも扶養から外れないようにしたい場合には、確定申告で経費を加える方法が有効です。

例えば、チャットレディでの報酬が100万円であった場合、70万円を経費として計上することで所得が30万円に抑えられます。

38万円以下となるため、扶養から外れることはありません。
私は確定申告をし、経費を計上することによって扶養から外れずに働けました。

扶養から外れないための基準は、収入そのものではなく経費を引いた所得であることが特徴です。
扶養から外れないためには1年間の収入経費の両方をチェックしながら、計画性をもってチャットレディの仕事を行う必要があります。

扶養控除内の金額を少しでもオーバーしてしまえば扶養から外れてしまい、世帯収入が下がる可能性もあるでしょう。

扶養から外れていることに後から気付いた場合、税金を追納しなければならないことに加え、滞納税も支払わなければならず余計な出費となります。

扶養から外れたとしてもバランスを見て働く

お財布のバランス

年間130万円、103万円など、稼ぐほど税金の負担が増えますが、必ずしも手取りの収入が減少するというわけではありません。

社会保険料や税金をチャットレディとして働く女性本人が支払ったとしても、実際に実質は世帯収入が減ることなく収入が増える場合も多いです。

扶養から外れたとしても、手取り額が世帯収入が増える収入の目安が年収160万円だといわれています。

チャットレディとして年間160万円以上稼げる可能性があれば社会保険料や税金を支払ったとしても、世帯年収は下がらず経済的に余裕が生まれるでしょう。

ただし、収入額が103万円や130万円程度の場合には、細かく計算をして税金や社会保険料による負担が増えないよう注意しなければなりません。

ローズマリーには顧問税理士がいるため、扶養に関する相談にも乗ってもらえます。 不安がある場合にも、扶養から外れないための働き方や、外れても実質的に収入をあげる方法について詳しく相談してみましょう。


PAGE TOP